2005年06月29日

■海外サーバ利用した理由とその後

90年代における国内と海外の回線コスト格差から、弊社でも米国のホスティング業者を活用。
2社とも米国でホスティング草創期からの中堅ホスティング会社だが、買収を受けた後、サーバ運用が止まるなど影響が起きる。

■海外サーバの問題
海外サーバ利用で次の大きな問題は、致命的な問題が起きたときに再販業者が根本的に責任をとれない点です。
サーバのみならず海外の業者が破綻した場合、サーバが設置している海外に飛んでいって、お客様の最新のメールやログ、サーバ設置のソフトウェアによって常に書き込まれる最新のデータが入ったディスクを確保するといった最低限のレベルでも、再販業者は自らの責任で行うことができないことです。
サーバについて最終的に責任をとれるということは、上記ディスクの確保やサーバに問題が起きた場合に直接キーボードをサーバ本体につないで操作が出来ることは必須で、サーバのマザーボードやハードディスク、CPUやメモリなどサーバのすべてが常にホスティング会社の管理下にある状態がベストです。
posted by よし at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | IT講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■1997年ごろレンタルサーバー業界が急速に拡大

国内初のレンタルサーバー業者・アイルが1997年5月に設立されて以来、レンタルサーバー業界は拡大を続け、98年の7月には大手プロバイダのBIGLOBEが参入しました。同時に低価格化も進み、日経産業新聞は「サーバーレンタル、2年前の半額に下落――接続業者参入で競争激化」(98年11月18日)と報道しています。この記事によると、当時の平均的な月額料金は、Webサーバーが20〜30MBで約2万円、メールサーバーは別料金で、現在のサービス内容と比較すると、かなりの高額。
posted by よし at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | IT講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ホスティングサービス, hosting service とは

 インターネットに情報を発信するコンピュータ(サーバ)の容量の一部を間貸しするサービス。「ホスティング(hosting)」サービスとも言う。通信事業者やインターネットサービスプロバイダが自社設備を用いて提供しているサービスで、専門の業者もある。

 レンタルサーバ事業者は、サーバや回線を自前で用意できない顧客から公開したい情報内容(コンテンツ)を預かり、インターネットに接続された自社サーバで公開する。

 ほとんどのサービスでは、1台のサーバを複数の顧客で共有する形になっており、使える容量の上限があらかじめ定められている。一般に、上限容量が多ければ多いほど高価になる。

 単にサーバの容量を貸し出すだけでなく、CGIを用いた掲示板やオーダーフォームなどの仕組みを提供している事業者や、独自ドメインでの運用やWebサイトの作成代行などの付加サービスを提供している事業者もある。

 似たようなサービスに「ハウジングサービス」があるが、これは、顧客が自分で通信機器やサーバを用意し、それを回線や電源設備の整った事業者の施設に設置するサービスである。
posted by よし at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年 学校での講義をはじめる

    東京支社開始

    年商3億円突破

posted by よし at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | いままでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年 株式会社へ変更

    シンガポールに新会社設立
    
       各種ビジネスアイデアを提供。
posted by よし at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | いままでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年 完全在宅制に変換

    サーバ貸し出し先が事件をおこす。

    いったん縮小へ
posted by よし at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | いままでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年 オートバックスと取引開始

    江坂に事務所移転
    JAVAサーブレットシステム請負
    サーバを自社置きにする
posted by よし at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | いままでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年 カード決済代行会社破綻


・楽天に出店

・NTTDATAと取引開始
posted by よし at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いままでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

2000年 有限会社設立

・本格ネット通販開始

     エンジェル投資会社に誘われる
     (西宮に共同事務所を開設)

     300万円踏み倒され事件発生
posted by よし at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | いままでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1999年

アメリカで、カード決済代行ベンチャー会社設立

・ファービー人形を並行輸入
・サプリメント通販を開始
・時間課金システムを開発

posted by よし at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | いままでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。